スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やっとスタート地点」 百舌鳥・古市古墳群、世界遺産暫定リスト入り 大阪(産経新聞)

 「やっとスタートラインに立てた」。墳墓として世界最大といわれる仁徳陵古墳(堺市、全長486メートル)や国内2番目の大きさを誇る応神陵古墳(大阪府羽曳野市、全長425メートル)などがある百舌鳥・古市古墳群が14日、世界文化遺産暫定リストに登録された。課題も多いとされてきただけに、準備を進めてきた府教委や堺市などの担当者からは安堵の声があがった。

 リスト登録に向けて準備を進めてきた大阪府教委の担当者は「姫路城や法隆寺、熊野古道など関西には世界遺産が多いのに、大阪だけなかった。海外からのツアーで大阪を外されることもあっただけに、リスト入りはうれしい」と話す。

 また「世界三大墳墓のなかでも知名度が低かった。これをきっかけに世界に認知される特色ある古墳として、前面に押し出していきたい」と意気込んだ。

 府教委では、平成25年度に国に対して大阪府などが世界遺産登録に向けた推薦書を提出。最短で27年度の世界遺産登録を目指すとしている。

 世界遺産登録に向けた活動は16年からスタート。大阪府のほか、堺市、羽曳野市、藤井寺市などが連動し、共同で提案を行ってきた。

 しかし、世界遺産暫定リストに盛り込まれる両古墳群の古墳87基のうち、46基は天皇陵などとして宮内庁が管理。いずれも研究者でさえ原則立ち入ることができないというハードルもあった。

 今のところ世界遺産に指定されても内部に入ることはできない公算だが、学術的な発掘調査や一般公開を含めた活用のあり方をめぐって、今後も議論が続きそうだ。

 一方、地元の堺市でもこの日、リスト入りに歓声があがった。堺市の担当職員は「待ちに待ったリスト入り。やっとスタート地点にたてた」。記者会見した竹山修身市長は「待ち望んでいた喜ばしいニュース。登録に向けた大きな第一歩だ」と語った。

【関連記事】
世界遺産暫定リスト・古市百舌鳥古墳群 倭の五王が眠る巨大古墳群
世界遺産暫定リストに追加掲載へ 「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)など2件
キトラ壁画の保存管理場所決まる
平城宮跡守った情熱、今も 91歳学者が集大成14巻出版
だれのお墓?いまだ論争中 藤ノ木古墳 発掘25周年

同じ病室2年前もチューブに穴 大阪・豊中の病院、殺人未遂(産経新聞)
はやぶさ カプセル切り離し…地球帰還へ 小惑星探査機(毎日新聞)
覚せい剤密造 イラン人ら風邪薬から 「調達役」も関与か(毎日新聞)
振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
オウム進出阻止に700人=新拠点警戒、住民集会―東京・足立区(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。