スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ-厚労省(時事通信)

 厚生労働省は26日、経済連携協定(EPA)に基づき受け入れたインドネシア人とフィリピン人の計3人が、看護師国家試験に合格したと発表した。EPAで入国した外国人の合格は初めて。
 同省によると、合格者はインドネシア人2人とフィリピン人1人。 

【関連ニュース】
経産省に「韓国室」=EPA交渉、企業リサーチも
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示
看護師・介護士試験見直しへ=外国人向けに難解語言い換え
日韓EPA交渉の再開模索へ=鳩山首相が関心、こう着打開目指す
日本企業、情報収集急ぐ=大地震のチリに約50社進出

<文楽列車>奈良へ 平城遷都記念(毎日新聞)
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官(産経新聞)
コンビニ納税、4月から全都道府県で=市町村は2割超-総務省調査(時事通信)
日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕(産経新聞)
スポンサーサイト

自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ-警察庁(時事通信)

 今年2月の自殺者は昨年同月比92人減の2398人だったことが26日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。昨年は景気悪化の影響などで1月から8カ月連続で前年を上回ったが、9月以降は6カ月連続で減少している。
 今年1月からの累計は4895人で、12年連続で3万人を超えた昨年同期より261人少ない。
 累計自殺者数は14府県で増加。このうち愛知(29人増の266人)、静岡(23人増の170人)、滋賀(22人増の68人)など8府県は東海と北陸、関西地方だった。 

【関連ニュース】
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い
1月の自殺者、7.2%減=5カ月連続で前年下回る
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府
自殺防止策強化へ=福島担当相
昨年の自殺者、5番目の多さ=504人増の3万2753人-9月以降は4カ月連続減

2氏が届け出=京都知事選(時事通信)
<窃盗未遂>衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕(毎日新聞)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
秋篠宮さま、眞子さまご帰国(産経新聞)
<郵政改革>鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性を示唆(毎日新聞)

「女性とは6年交際」=週刊誌報道で陳謝-中井公安委員長(時事通信)

 中井洽国家公安委員長は25日の記者会見で、交際女性に衆院議員宿舎のカードキーを渡していたなどと報じた週刊誌記事について、「女性とは6年ぐらいのお付き合いで、週に1回掃除に来てもらっている」と説明した。
 中井氏は同日午前、首相官邸で平野博文官房長官と面会。「私事でお騒がせします」と陳謝し、長官からは「十分気を付けてください」と言われたという。面会後、記者団から「辞任する考えは」と聞かれ、「どうしてですか。全然ない」と否定した。 

「密約文書」破棄の可能性=後任に引き継ぎ、元外務省局長が証言-衆院委参考人質疑(時事通信)
訃報 大森実さん88歳=ボーン・上田賞のジャーナリスト(毎日新聞)
平成15年の強盗容疑で男逮捕 顔の特徴で探す「見当たり捜査」で(産経新聞)
2歳男児が一晩連れ回され保護 50代の男逮捕へ(産経新聞)
<太陽光エネルギー>日韓がフォーラム 東京・新宿(毎日新聞)

手塚治虫少年が昆虫追った森に記念碑…宝塚(読売新聞)

 漫画家の手塚治虫(1928~89)が少年時代、昆虫を追った千吉(せんきち)稲荷神社(兵庫県宝塚市川面)の森を、地元住民らが「手塚治虫昆虫採集の森」と名付け、21日、記念碑を設置した。

 コンクリート製の円筒形で高さ1メートル。手塚は当時、住んでいた自宅近くの森で、アゲハチョウやノコギリクワガタを採取していたといい、同神社の氏子らが製作費を出し合った。同神社世話人会の大垣文男さん(74)は「森を地域の財産として大切にしたい」と語った。

 手塚と競い合って昆虫採集をした2歳下の弟、浩さん(79)(大阪市城東区)は「懐かしい場所に名が刻まれ、兄は面はゆいのでは」と話していた。

小平のリンガーハットに強盗、10万円奪い逃走(産経新聞)
JR東の運行責任者ら不起訴=「過失認められない」-羽越線脱線事故・山形地検(時事通信)
日韓、教科書記述に溝…第2期歴史研究(読売新聞)
生方氏が小沢氏に要望 「倫理委員会開催を」(産経新聞)
アパートで練炭心中か 年下男性の遺体に刺し傷(産経新聞)

警察官の偽証「違法」=道に賠償命令-「おとり捜査」訴訟・札幌地裁(時事通信)

 北海道警の違法なおとり捜査と公判での偽証により服役させられるなどの損害を受けたとして、元船員のロシア人男性(40)と国選弁護人を務めた弁護士が、国と北海道を相手に計2310万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、札幌地裁であった。中山幾次郎裁判長は、おとり捜査が違法だったとは断定できないとする一方、公判での警察官の偽証を認定。「偽証がなければ男性は無罪などを言い渡された可能性がないとは言えない」とし、道に対し、男性に50万円を支払うよう命じた。そのほかの請求は棄却した。
 訴状によると、男性は1997年、小樽港で拳銃を所持していたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕され起訴された。公判で男性側は「道警の捜査協力者のパキスタン人から、拳銃を持ってくれば中古車と交換してやると持ち掛けられた」とし、道警のおとり捜査だったと無罪を主張。道警捜査員は証人尋問でパキスタン人の存在を否定し、男性は98年、札幌地裁で懲役2年の実刑判決を受け服役した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か
イノシシ猟で60代男性死亡=散弾銃誤射か
長男、長女も銃撃で失血死=一家4人死亡火災

甲府で桜開花、関東南部は4月下旬並みの暖かさ(読売新聞)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)
追加経済対策の進言に理解=「しっかり手を打つことは大事」-首相(時事通信)
茨城で震度3(時事通信)
成年後見人の着服急増、財産管理の意識薄く(読売新聞)

舛添氏「新党つくるなら与謝野氏が先」(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相は13日、福岡市の民放番組に出演し、谷垣総裁の辞任を求めている与謝野馨・元財務相について、「私とどっちが先に新党をつくって飛び出すかというと、与謝野氏が先という勢いだ」と述べた。

 自らの今後の対応については、「新党から党内改革まであらゆる可能性がある。党内に残るなら執行部を握ることになる」と述べ、ポスト谷垣を目指す意欲を改めて示した。

 新党については、「今、新党をつくっても賞味期限が切れてしまう。むしろ(夏の参院選)直前に一気にやった方が有利かなと思う」と語った。

<雑記帳>センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
愛子さま、3学期最後の行事に出席(読売新聞)
EXPO’70パビリオン 開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
<直木賞選考委>平岩さんと五木さんが退任(毎日新聞)
トヨタ叩き「風向き」変化? 急加速「証言矛盾」に「不適切編集」(J-CASTニュース)

<道アイヌ協会>不適切会計処理 虚偽出張旅費支出か /北海道(毎日新聞)

 ◇補助対象外の経費請求も

 道アイヌ協会の不適切会計問題を巡り、すでに道が調査を実施したアイヌ民族の文化財保存・伝承活動事業で、協会支部が新たに虚偽の出張旅費を支出していた疑いのあることが分かった。また、国と道が補助している08年度のアイヌ中小企業振興対策事業では、協会が補助対象外の経費を請求していたことも判明。道や道教委は再調査に乗り出した。

 新たな不適切会計は、12日の道議会一般質問で自民党・道民会議の小野寺秀氏(帯広市)が質問し、道と道教委が明らかにした。

 道教委によると、協会支部から提出された08年度の文化財保存・伝承活動事業の事業報告書で、講師の出張旅費として領収書が添付されていたものの、その講師は「出張に行ったことはなく、旅費も受け取っていない」と証言。協会支部は「ほかの経費と一緒に支払った」とし、証言が食い違っているという。

 アイヌ中小企業振興対策事業では、補助対象外となっている販売事業の一部経費を補助対象の展示事業経費に組み入れ、水増し請求していたという。道は「補助金の返還も含めて必要な措置を講じる」としている。【高山純二】

民主・藤田国際局長米紙に反論 「同時テロ陰謀論言っていない」(J-CASTニュース)
タイでも指輪窃盗認める=「カジノで借金」と説明-東京で強盗容疑の男、捜査当局(時事通信)
アカデミー賞 「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画(毎日新聞)
<氷見市長選>堂故茂氏が無投票で4選 富山(毎日新聞)
<中2自殺>「いじめ確認できず」…東京・清瀬市教委(毎日新聞)

和歌山のパンダ、中国へ=2年後、繁殖活動に-成田空港(時事通信)

 和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド」のジャイアントパンダ「幸浜(こうひん)」(雄、4歳)が15日、中国で繁殖の準備に入るため、成田空港を出発した。
 中国・成都の繁殖研究基地に入り、2年後をめどに繁殖活動に入るという。日本には戻らない。
 経由地の大阪空港では、幸浜のおりが大きく、コンテナに入らないトラブルがあった。成田空港に到着した幸浜は、少しぐったりした様子。おりの中で顔を左右に振り、付き添いの職員は「いつもよりご機嫌ななめ」と話していた。
 幸浜は2005年8月23日、アドベンチャーワールドで生まれた。04年に雄1頭、07年に雄2頭が繁殖のため中国へ移送されている。うち1頭は繁殖に成功しており、アドベンチャーワールドの広報担当者は「中国で立派なお父さんになってくれることを願っている」と話した。 

【関連ニュース】
キャラクターで連携=パンダとキティ
いすゞ、天然ガス車4200台リコール=フィアットの乗用車も2500台
上野動物園のパンダ復活=11年に中国から2頭
肉のうま味が分からない?=「主食は竹」の一因か
上野パンダ復活へ調整本格化=貸与料扱い焦点に

<アカデミー賞>「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画(毎日新聞)
トキ 9羽死んだ順化ケージ、構造の見直しを…環境相視察(毎日新聞)
名古屋高検の検事、盗撮しようとした疑い(読売新聞)
役員刷新なければ離党も=自民・園田氏(時事通信)
<鳩山邦夫氏>自民党に離党届を提出(毎日新聞)

<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)

 12日午後9時ごろ、千葉県松戸市根本2のマンション9階に住む女性(28)が風呂場で倒れているのを、訪ねてきた母親が見つけ119番した。松戸市消防局の隊員が駆けつけたところ、室内で硫化水素とみられるガスが発生しており、8、10階の計5世帯7~8人が屋外に一時避難した。けが人はいない。

 松戸署によると、女性は搬送先の病院で死亡が確認された。硫化水素による自殺とみられる。母親は数日前に、女性から自殺をほのめかすメールを受け取り、毎日訪ねていたという。【黒川晋史】

【関連ニュース】
硫化水素自殺:製造中の車内で従業員が 愛知・トヨタ車体
ネットカフェ:男性自殺 硫化水素検知し140人避難
硫化水素自殺?:車内で男性死亡--みやま市 /福岡
憂楽帳:小さな公園

100円で商店街に賑わい(産経新聞)
Facebook、訪問者数でGoogleを抜いて1位に
社長「なぜ乗務員乗せない」=機長の判断に介入-スカイマークに厳重注意・国交省(時事通信)
高校教諭宅が全焼、1人死亡 千葉・佐原(産経新聞)
【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(5)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)

石巻3人殺傷「前夜の110番で襲撃決意」(読売新聞)

 宮城県石巻市の南部かつみさん(46)宅で3人が殺傷された事件で、殺人容疑などで再逮捕された無職少年(17)が、事件を主導したとされる元解体工少年(18)について、「前夜に南部さん宅に押しかけた際、パトカーを呼ばれたことで(襲撃を)決意した」と供述していることが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、元解体工少年と無職少年は事件前日の2月9日夜、南部さん宅に押しかけたが、長女の美沙さん(20)らが騒いで110番した。無職少年の供述では、この後で元解体工少年に犯行を命令され、「出来ない」と断ると、「じゃあお前が罪をかぶれ」と迫られたという。

 無職少年は、翌10日朝、3人を襲った状況を、「鍵を使って侵入した。2階に上がるとみんな寝ていたが、次女を連れ出そうとすると、次女が騒ぎ、美沙さんら3人が起きた」と供述。その後については、「美沙さんが携帯電話で通報しようとしたのに、元解体工少年が気づき、怒声を上げながら美沙さんを刺した。次に女子高生を刺し、知人男性は『落ち着け、落ち着け』と言っていたが刺した。奪った美沙さんの携帯電話は壊した」と具体的に話した。この場面の供述と刺されて重傷を負った知人男性の証言が一致しているという。

 元解体工少年は、3人を刺したことは認めているが、殺意は否認している。

阪急、京阪…開業100年「私鉄王国」復活へ(読売新聞)
米で原爆体験伝える活動、ボランティア募集(読売新聞)
国保65歳以上全員加入なら公費1・2兆円増(読売新聞)
<桜開花日>数日早まる予想 日本気象協会など3機関(毎日新聞)
研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)

<全日空>女性の副操縦士や整備士らでひなまつりフライト(毎日新聞)

 全日空(ANA)は3日、桃の節句にちなんで、機長以外のスタッフを女性だけで運航する「ひなまつりフライト」を行い、羽田空港(東京都大田区)でスタッフらが、羽田空港内のアンジュ保育園の園児らと記念撮影を行い、乗客に記念品を渡した。

【写真特集】JALが昨年行ったひなまつりフライト

 ひなまつりフライトは、11時10分出発の羽田発大分行きANA193便(ボーイング767-300型機)で、今年で2回目。乗客と接する機会の少ない乗務員や整備士、貨物の搭載などを行うスタッフが乗客と接する機会を作ろうと企画された。機長は女性がいないため男性だが、副操縦士や整備士、乗客の誘導などのフライトに関わる業務を29名の女性スタッフが手がけた。ANAでは、客室乗務員やグランドスタッフは女性が多いが、整備士は羽田地区で2169人のうち63人、副操縦士はグループ全体でも2450人のパイロットの中で14人と少なく、スタッフを集めるのに苦労したという。

 副操縦士の高島薫さん(32)は「操縦に男女の区別はありませんが、ソフトな操縦を心がけたい」と話していた。【米田堅持】

【関連ニュース】
【写真特集】全日空:「モヒカンジェット」20年ぶりに復活
【写真特集】羽田でみられる飛行機図鑑
【写真特集】世界最大の旅客機 エアバスA380
【写真特集】羽田空港 Tokyo International Airport

天皇、皇后両陛下 ラオス国家主席夫妻と会見 昼食も(毎日新聞)
息子装い振り込め詐欺未遂 暴力団幹部らを逮捕 「金の購入でトラブルに」(産経新聞)
<野口宇宙飛行士>ISSに別れ 6月2日地球に帰還(毎日新聞)
内職の教材35万円…職の斡旋なし 1500人被害、教材販売会社社長ら逮捕(産経新聞)
H氏賞に田原氏(時事通信)

道教委教育長、北教組政治活動の早期の実態把握実施 北教組幹部の事情聴取も(産経新聞)

 北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件を受け、北海道教育委員会の高橋教一(のりかず)教育長は3日、教職員の政治的活動に関し、北教組幹部からの事情聴取などを行い、早期に実態把握を行う方針を明らかにした。さらに、違法行為があった場合、厳正に対処してゆくとした。

 3日開かれた、北海道議会で自民党・道民会議の吉田正人道議の質問に答えた。

 北教組の役員逮捕について、高橋教育長は「誠に遺憾」と発言。教職員を対象に、服務規律の状況などについて調査を行い、教職員の政治的行為や勤務時間と組合活動の状況などの実態把握を行う方針を示した。

 教育公務員の政治活動について、高橋教育長は「特定の政党の支持、または反対のために政治的活動をすることは、法令により厳しく禁止されている。教職員によって組織された団体としても法令を順守しなければならない」と述べ、違反行為があった場合、厳正に対処していくとした。

【関連記事】
北教組まるで売国奴、とんでも偏向教育「竹島は韓国領土」
民主・小林議員、辞職必至も補選にらみ“牛歩戦術”か
北教組事件「改正で事件防げた」 文科相「特例法見直し、慎重に検討」
「小林氏への報告は形式」 北教組幹部が札幌地検に供述
北教組事件で問われる民主の体質 「労組ぐるみ選挙」が常態化
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

食事与えず5歳児死なす=容疑で両親逮捕-奈良県警(時事通信)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件-監視委(時事通信)
日常着は世界に誇る文化 TGCチーフプロデューサー・永谷亜矢子(産経新聞)
裁判員裁判で猶予判決後、盗み重ね実刑判決(読売新聞)
<コンテナ新法>積み荷情報通知義務付け トレーラー事故で(毎日新聞)

<土改連役員>議員兼職避けるべきだ…内閣が答弁書(毎日新聞)

 鳩山内閣は2日の閣議で、国会議員や地方議員らが全国土地改良事業団体連合会(土改連、会長=野中広務元自民党幹事長)と各地の土地改良区の役員を兼職することは避けるべきだとする答弁書を決定した。「公共性が高く、政治的中立性の確保が重要」との理由だが、対象には森喜朗元首相、青木幹雄前参院議員会長ら自民党の重鎮が多く、同党の支持基盤を切り崩す狙いが取りざたされそうだ。

 みんなの党の山内康一衆院議員の質問主意書で、農水省農村振興局長から野中氏あての通知文書の趣旨を聞かれ答えた。通知は1月15日付で「改良区は土地改良法で設立され、一定地域の農業者が強制加入している団体」と指摘し、「役員を議員等が兼職し、特定組織、政党の影響を受けていると疑念を持たれないものとすること」と周知を求めた。

 答弁書は「農相が通知発出を指示した」とし、「行政指導であり、任意の協力によってのみ実現される」と強制力は否定した。

 土地改良予算は10年度予算案で前年度から大幅に減額され、土改連の政治組織が今夏の参院選で自民党の比例候補を支援する方針への意趣返しとされた。比例候補は結局、公認を辞退している。【横田愛】

偽の国の安全マーク付け販売 レーザーポインター輸入業者(産経新聞)
【十字路】京都・嵯峨野トロッコ列車が運転開始(産経新聞)
JR京浜東北・高崎・宇都宮線で運行見合わせ(読売新聞)
<囲碁>早碁の阿含・桐山杯、プロの18勝8敗に(毎日新聞)
日・カザフ、原子力協定に署名=ウラン安定供給可能に(時事通信)

首相動静(3月5日)(時事通信)

 午前6時45分、松井孝治官房副長官が公邸に入った。同47分、松野頼久官房副長官が加わった。(了)

<厚労省>医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人(毎日新聞)
任天堂Wii 国内累計1千万台突破(産経新聞)
<虐待死>区など状況把握に甘さ 東京・江戸川区最終報告書(毎日新聞)
町に4300万円支払い命令=前町長不支持の業者を指名せず-熊本地裁(時事通信)
男性警視が焼身自殺か=車に灯油、中から遺体-奈良県警(時事通信)

6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)

 太陽光発電用のシリコンウエハーの加工を手がける山梨県内の企業2社が、架空の経費を計上するなどの手口で総額約6億円を脱税していた疑いが強まったとして、検察当局が法人税法違反の疑いで、両社と経営者の親子2人を立件する方針を固めたことが25日、捜査関係者の話で分かった。近く本格捜査に乗り出す方針とみられる。

 立件されるのは、山梨県都留市のシリコン加工会社「オプト」と、関連会社に加え、オプトの社長(43)とその父親の会長。

 捜査関係者によると、両社は平成20年8月期までの3年間で、架空の外注費を計上するなどして計約20億円の法人所得を隠し、約6億円を脱税していた疑いが持たれている。

 民間の信用調査機関によると、オプトは昭和61年創業で、従業員数約280人。平成15年8月期に約12億円だった売り上げは、20年8月期に約340億円までに急伸。シリコンウエハーはシリコン製の太陽電池の基板で、近年のエコブームを背景に太陽光発電機器の市場も拡大、これに伴ってシリコンウエハーの需要も拡大しており、オプトも売り上げを急増させていた。

 シリコンウエハーの生産増のため、オプトはキヤノン系列のオフィス機器開発会社「キヤノンファインテック」から、閉鎖した山梨県笛吹市の生産工場や甲府市の事業所を買い受けるなど、積極的に設備増強も行っている。

 シリコンウエハーをめぐっては、群馬県と横浜市の2社が、3年間で計約14億円の所得を隠し、約4億円を脱税していたとして、昨年4月に東京国税局から横浜地検に法人税法違反の罪で刑事告発されている。

【関連記事】
「借りたカネは返すな!」著者を追起訴 脱税指南の罪
7億円超脱税容疑で弁護士ら3人逮捕 特捜部
元社福法人理事長が脱税 乗っ取り協力報酬1・5億円隠す 大阪国税局告発
外資系金融マンの脱税許すな!国税が相次ぎ摘発のワケ
「知らなかった」鳩山首相“故意の脱税”否定

首相への意欲「全くない」=仙谷氏(時事通信)
1月鉱工業生産、2.5%上昇=経産省(時事通信)
シー・シェパード妨害 第2昭南丸、横浜で見分へ 侵入船長、傷害容疑も視野(産経新聞)
沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け(産経新聞)
首相動静(2月22日)(時事通信)

<10年度予算案>衆院本会議で可決 年度内成立が確定(毎日新聞)

 10年度予算案は2日の衆院本会議で民主、社民、国民新の与党3党の賛成多数で可決され、参院に送付された。自民、公明、共産、みんなの党の野党は反対した。憲法の規定により、参院で採決されない場合でも送付後30日で自然成立するため、年度内成立が確定した。10年度予算案の一般会計総額は過去最大の92兆2992億円。

 予算案採決に先立ち、自民党が子ども手当などの撤回を求めた予算案の組み替え動議を提出したが、与党などの反対多数で否決された。また、ガソリンの暫定税率の水準維持やたばこ税引き上げを盛り込んだ税制改正法案などの関連法案も可決された。

 参院予算委員会は3日から鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行い、本格的な予算審議に入る。ただ、予算成立は確定したものの、民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)の陣営が北海道教職員組合から違法献金を受けたとされる事件で「政治とカネ」の問題が再燃。鳩山首相や民主党の小沢一郎幹事長の問題と併せ、野党側は攻勢を強める構えだ。【野原大輔】

【関連ニュース】
10年度予算案:衆院予算委で可決 年度内成立へ
10年度予算案:年度内成立へ 午後、衆院通過
10年度予算案:年度内成立へ 3月2日衆院採決
衆院予算委:自民党が分科会欠席
自民党:衆院すべての審議拒否 支援候補当選は追い風?

<北沢防衛相>小沢氏は参院選前に出処進退の説明を(毎日新聞)
シド・ミード
エチオピア産「モカ」販売再開 メーカー3社が一般家庭向けに(J-CASTニュース)
112番元素は「コペルニシウム」=和名を決定-日本化学会(時事通信)
<詐欺>TV出演の占い師が生活保護費詐取 容疑で逮捕(毎日新聞)

朝ドラヒロインに瀧本美織さん=NHK(時事通信)

 NHKは24日、9月末から始まる朝の連続テレビ小説「てっぱん」のヒロイン・村上あかり役に女優の瀧本美織さん(18)が決まったと発表した。
 瀧本さんは鳥取市在住の高校3年生。初めての応募で朝ドラヒロインを射止めた。これまで映画「彼岸島」「食堂かたつむり」に出演しているが、テレビドラマは初めて。
 ドラマは、大阪の下町と広島県尾道市を舞台に、お好み焼き屋を開いたヒロインが二つの地域の人々のきずなを深めていく物語。瀧本さんは「演技の経験が浅いので、選んでいただいて感謝しています。お笑いが大好きなので、お笑いもできる女優になりたい」と抱負を語った。 

【関連ニュース】
【特集】米アカデミー賞
【特集】米アカデミー賞:アバター
【特集】米アカデミー賞:主演女優賞は大物が接戦
木下優樹菜、お風呂上がりは「まっぱです!」
元お天気キャスター甲斐まり恵が水着初披露

<雑記長>120年前沈没のトルコ軍艦に明治天皇寄贈の遺品(毎日新聞)
<事業仕分け>狙いは公費支出あぶり出し(毎日新聞)
首相「民意の表れ」 沖縄県議会が意見書可決(産経新聞)
<気象庁長期予報>春の訪れ早い見込み(毎日新聞)
再起訴19回で異例の引き延ばし、時効が成立(読売新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。